中小企業向けのCRMツール8選!選び方や導入メリットを解説

Pipedrive 2023年8月28日

「自社の規模に合ったCRMツールを知りたい」

「ツールを選ぶ場合ってどうすればいいの?」

このように考えている企業担当者の人もいらっしゃるのではないでしょうか。

中小企業に向いたCRMツールはさまざまなベンダーからリリースされているため、しっかりと選定することが大切です。

ツールごとに特徴が大きく違うので、違いを見極めたうえで自社に合致したツールを選定しましょう。

今回の記事では中小企業向けのCRMツールを探している企業担当者向けに、以下の情報を提供します。

  • 中小企業向けのCRMツール
  • CRMツールの選び方
  • CRMツールの活用事例

「ツール選定で失敗したくない」と考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

中小企業向けのCRMツール8選

中小企業向けのCRMツールとして、以下の8つが挙げられます。

  1. Pipedrive
  2. kintone
  3. Zoho CRM
  4. HubSpot CRM
  5. GENIEE SFA
  6. Customa!
  7. SATORI
  8. Salesforce Essentials

それぞれのツールにどのような特徴があるのか確認して、比較検討を行いましょう。

1.Pipedrive

Pipedriveは、専門知識がなくてもノーコードで業務を簡単に自動化できるソフトです。

「新規取引が追加されたらslack通知をする」「単純な作業を自動化する」といったツールをノーコードで簡単に作れます。

また管理ソフトとしても優秀で、タスク管理や顧客管理をスムーズに進められるのが強みです。

今まで業務上のミスが多かった場合でも、Pipedriveを導入すればより正確な業務推敲ができます。

さらに自社の業務効率化、高クオリティ化を目指す企業に取っておすすめのツールです。

2.kintone

引用:kintone

kintoneは国内でも知名度が高く、多くの企業で導入されているCRMツールです。

直感的に使えることを重視しており、専門知識がなくてもすぐに使いこなせるようになります。

運用難易度が低いので、初めてCRMツールを使用する場合でも問題ありません。

また、オリジナルのアプリも作れるのがポイントで、より使いやすいカスタマイズが可能です。

使いやすいツールにしていきたいという企業にとって、特に向いています。

3.Zoho CRM

引用:Zoho CRM

Zoho CRMは、世界で25万社に導入されているCRMツールです。

AI機能が導入されており、より生産性の向上や売上予測がしやすくなっています。

AIが的確なレコメンドや予測をしてくれるので、より戦略立案がしやすくなるでしょう。

また、見込み客の行動をリアルタイムで追えるので、機会損失を防げるのもポイントです。

業務上のミスや、機会損失をなくしたいのであればぜひ活用してみましょう。

4.HubSpot CRM

引用:Hubspot

Hubspot は、無料から使える顧客管理や営業支援が可能な高性能ソフトです。

Webチャット、チームの共有アドレスなど使いやすい機能が網羅されており、確かな利便性を実感できます。

また、業務自動化機能も入っているため、スケジュール設定やメールのテンプレートなども用意できるのが強みです。

簡単な業務を自動化できるので、よりコア業務に集中しやすくなります。

まずは無料版で試してみて、気に入った場合は有料版に移行するとよいでしょう。

5.GENIEE SFA

引用:GENIEE SFA/CRM

GENIEE SFA/CRMは、親しみやすいシンプルな画面で案件を管理できるクラウドツールです。

見やすさや使いやすさを追及しているため、自社での定着率も高くなることが予想されます。

とにかく早くツールを導入したいという企業にとって、おすすめなツールといえます。

項目設定もデータ移行もドラッグアンドドロップで簡単にできるため、初めてCRMツールを導入する場合でも問題ありません。

導入しやすさを強く重視する企業にとって、とくに向いているツールといえるでしょう。

6.Customa!

引用:Customa!

Customa!は、顧客管理だけではなくSFAや地図印刷など幅広い対応力のあるCRMツールです。

ユーザー数無制限かつ、大容量のCRMツールなので会社が成長していく中でも、安心して使い続けられます。

また、追加費用なしでのアップデートが受けられるのもうれしいポイントです。

更新する際に費用が掛からないので、全体的なコストを抑えられます。

CRMツールにかかる費用を節約したいのであれば、Customa!を検討してみましょう。

7.SATORI

引用:SATORI

SATORIは顧客管理はもちろん顧客支援や分析など、マーケティングなどにも強いCRMツールです。

継続して活用することで、さらなる売上の最大化が狙えます。

見込み顧客を効率よく開拓できるので、さらに自社の顧客を増やすことが可能です。

また、SATORIには万全のサポート体制もついているため、運用もしやすくなっています。

24時間365日いつでもサポート対応しているので、何かあった場合でもすぐにリカバリーが可能です。

8.Salesforce Essentials

引用:Salesforce Essentials

Salesforce Essentialsは、業務効率化に強いCRMツールです。

すべての顧客情報を1か所で確認できるのはもちろん、簡単な設定のみですぐに運用を開始できます。

入力作業も減らせるので、さらにコア業務に集中することが可能です。

さらにAIによるアシスト機能も入っているため、ミスなども検知しやすくなっています。

業務効率化を推進したい場合は、導入を検討してみましょう。

CRMツールの選び方

CRMツールの選び方として、以下の4つを理解しておきましょう。

  1. 自社の課題を解決できるか
  2. 使いやすいかどうか
  3. 予算に収まるか
  4. サポートが充実しているかどうか

ツール選定で失敗しないために必要な部分を押さえているので、ぜひ参考にしてみてください。

1.自社の課題を解決できるか

自社の課題を解決できないツールを導入してしまうと、導入しても効果を実感できません。

まず自社の課題がどこにあるのか見極めたうえで、導入を検討しましょう。

例えば営業力を強化したいのであれば、SFAの機能もあるCRMツールがおすすめです。

自社の課題がどこにあるのか分かっているとツールが導入しやすくなるので、まずは徹底的に洗い出しを行いましょう。

2.使いやすいかどうか

どのように性能が高いツールだとしても、使いにくいと意味がありません。

性能だけではなく、使いやすいツールか事前に必ず確認しましょう。

まずは公式ホームページでデモ動画を確認するのはもちろん、無料体験をするのがおすすめです。

無料体験であれば期間中は好きなだけツールを試せるので、ぜひ活用してみましょう。

3.予算に収まるか

CRMツールを導入する前に、費用が予算内に収まるかどうか確認しましょう。

CRMツール導入で予算オーバーしてしまうと、ほかの施策に予算を割けなくなります。

初期費用はもちろん、月額費用やオプション代まで想定して、見積もりをもらうのが大切です。

2~3社から相見積もりをもらい、納得できる料金のCRMツールを導入しましょう。

4.サポートが充実しているかどうか

CRMツールには、サポートが付いていることがほとんどです。

そこでCRMツールを導入する場合は、どのようなサポート内容なのか詳しくチェックする必要があります。

チャットだけではなく電話でもサポートしてくれるのか、24時間対応なのかなどのポイントはとくに重要です。

自社の就業スタイルに合致しているベンダーを選ぶように心がけましょう。

中小企業のCRMの活用事例

中小企業のCRMの活用事例として、以下の4つをピックアップしました。

  1. ノース・モール株式会社
  2. 株式会社TAT
  3. 株式会社J-オイルミルズ
  4. フローバル株式会社

いずれも参考になる部分が多いので、1つずつ見ていきましょう。

1.ノース・モール株式会社

引用:ノース・モール株式会社

ノース・モール株式会社は、アパレルや雑貨をECサイトにて販売する企業です。

ツール導入前は顧客管理に問題を抱えていましたが、導入後は一元管理を行い改善を実施しています。

バラバラになっていた顧客情報を担当者間で共有が可能になり、業務効率を改善することに成功しました。

顧客対応やミスで損失する時間が少なくなり、よりコア業務に集中できるようになったそうです。

2.株式会社TAT

引用:株式会社TAT

ネイル用品の販売を行う株式会社TATでは、データ不足で上手く施策を展開できずにいました。

分析も上手くいかず、悩んでいたところでCRMツールの導入を行い、成果を挙げられるようになっています。

CRMツール導入後は顧客ごとの平均購入周期、メーカーごとの継続率を把握できるようになりました。

その後はLINEとメールを併用した施策を行い、結果としてサイトからの離脱率が10%改善されています。

3.株式会社J-オイルミルズ

引用:株式会社J-オイルミルズ

株式会社J-オイルミルズは、食用油脂などの商品を販売する企業です。

CRMツールを活用して、注文履歴から得られる「定量データ」と、アンケートによる「定性データ」を管理しています。

定期的に注文履歴からデータを取ることで送料に課題を見つけ、改善を行いました。

その後は送料を見直すことで、CPOを33%改善することに成功しています。

4.フローバル株式会社

引用:フローバル株式会社

配管の部品を販売するサイト「配管部品.com」を展開するフローバル株式会社は、円滑な部品調達ができるサイトを目指して運営をしていました。

CRMツールの導入により、セグメントや自分たちのアイデアをメルマガに落とし込むことに成功しています。

その結果、メルマガの改善はもちろん、顧客の動向や現状把握などが可視化されるようになります。

データ分析や施策の属人性がなくなり、より安定したサイト運用につながりました。

中小企業向けのCRMツールに的を絞り慎重に選定しましょう!

中小企業向けのCRMツールは数多く存在し、ツールごとに強みとしている部分が異なります。

価格帯も大切ですが、自社の目的や課題と合致しているかも重要です。

導入して自社の問題点を改善できるツールを厳選し、比較検討して導入しましょう。

以下のリンクでは、CRMを活用した実践的な戦略について紹介しています。

無料でダウンロードできるので、これからCRM戦略を展開したい場合はぜひ参考にしてみてください。

タグ