Zoho CRMとは?できること・価格・向いている企業を紹介

Pipedrive 2024年1月23日

Zoho CRMは世界25万社以上で利用されており、日本でもBtoB・BtoC問わず多くの企業が導入しています。

Zoho CRMは、大手が提供するCRM/SFAツールと比べて遜色のない機能性とカスタマイズ性がありながらライセンスコストが安価なため、予算に限りがある組織がCRMの導入を検討しやすいのがメリットです。

この記事では、Zoho CRMの機能や価格などの概要をはじめ、導入メリット、Zoho CRMの利用が向いている企業について紹介します。CRMやZoho CRMの導入を検討する際にぜひお役立てください。

Zoho CRMとは

出典:Zoho CRM

Zoho CRM は、インドに本社を置くソフトウェア会社・Zohoが提供する顧客管理ツールです。見込み客(リード)の獲得から商談、受注、既存顧客の維持まで、顧客との関係性の構築に必要な機能を網羅しています。

そもそもCRMとは「Customer Relationship Management」の頭文字を取ったもので、直訳すると「顧客関係管理」です。CRMツールは、顧客情報、顧客の行動履歴、顧客と自社との関係性を管理し、顧客との信頼関係を深め、良好な関係を構築するツールのことを指します。

CRM製品には安価なツールから高価ですが高機能のツールまで数多くありますが、Zoho CRMは無料から利用できるのが大きなメリットです。分散していたデータを一元的に管理・分析し、ビジネスモデルに応じたデータ活用や自動化を低コストで実現することにより、自社の営業力の強化に貢献します。

Zoho CRMの顧客情報の入力方法

どのCRMも入力・蓄積した顧客情報を分析することで、各顧客の状況やニーズ、課題を把握できます。とはいえ、数多くの顧客情報を一から入力していくのは多くのリソースを必要とするため、導入を躊躇することも少なくありません。

Zoho CRMの場合、Excelで管理していた顧客情報をCSVによって一括登録できます。Zoho CRMに直接入力するほか、自社サイトに登録フォームを作成して自動登録するWeb-to-Lead機能を使うと自動的にZoho CRMに取り込めます。

Zoho CRMでできること

Zoho CRMができることを、以下の営業ステータスごとに紹介します。

  • 見込み客
  • 商談
  • 受注
  • レポート

見込み客

見込み客や既存顧客の顧客情報をZoho CRMに登録・蓄積することにより、顧客をステージごとに分別できます。

新たな情報や進捗、見込みステータスに変動があった場合に情報を入力・編集して行く事で、より確度の高い情報を掘り起こすことが可能です

また、大量の見込み客や既存顧客を管理しフォローするツールとして、Zoho CRMには以下のツールが備わっています。

  • メール一括送信ツール
  • 定型メール自動配信ツール
  • 設定項目各種の一括更新ツール

こうしたツールを駆使すれば、効率よく見込み客を育成し(リードナーチャリング)できます。

商談

商談の進捗や履歴を時系列に管理できます。加えて、自社が提出した書類、競合の情報、次回の訪問日程など、取引先と商談の詳細な情報の登録と管理が実現します。顧客に提出する見積書や発注書の作成もできます。

1社につき複数の担当者・商談を登録できるようになるため、案件ごとに管理がしやすくなり、CRMの本来の目的である顧客との関係強化に威力を発揮できるようになります。

受注

商談情報のステータス管理の中で、顧客との取引履歴を管理できます。商談から成約まではもちろん、その後の受注や納品、入金管理なども行うことができます。

レポート

顧客のステータス別の集計レポートの作成、営業担当者別リードの集計、業種・業界別レポートなど、項目ごとの集計とグラフ表示もできます。レポート機能では、ほぼすべてのデータを自由自在に集計でき、そのデータを解りやすくグラフ形式で表示できるダッシュボード機能を使えば、最新の販売状況や見通しを常に把握できます。

また、レポートにより、業種別・商品別の売上情報、担当者の商談詳細情報を把握することにより、マーケティングリサーチ情報として活用することもできます。

各機能の詳細は、公式サイト「Zoho CRMの機能一覧」をご覧ください。

Zoho CRMの料金体系

Zoho CRMの料金体系は以下の通りです。プランによって、利用できる機能に違いがあります。詳細は、Zoho CRM プラン別機能一覧にて確認できます。


無料

スタンダード

プロフェッショナル

エンタープライズ

アルティメット

年間契約

無料(上限ユーザー数:3人)

¥1,680 /ユーザー/月

¥2,760 /ユーザー/月

¥4,800 /ユーザー/月

¥6,240 /ユーザー/月

月間契約

無料(上限ユーザー数:3人)

¥2,400 /ユーザー

¥4,200 /ユーザー

¥6,000 /ユーザー

¥7,800 /ユーザー

出典:Zoho CRM プラン別機能一覧

汎用性の高いSFA/CRM・pipedriveは月額1,700円〜

pipedriveは、IT先進国エストニア発のSFA/CRMツールです。顧客のステータスと営業の進捗をパイプラインで管理でき、直感的な操作ができるUI/UXと、その汎用性の高さから、世界179カ国の10万社以上の導入実績があります。

pipedriveは、初期費用無料、月額1,800円(税別)から利用できます。また、pipedriveでは無料トライアルを用意しているため、実際の使い心地を試してから導入できるのも魅力です。

Zoho CRMを導入するメリット

Zoho CRMを導入するメリットは以下の4点です。

  • 導入コストが安価である
  • 必要な機能がそろっている
  • 教育資料とサポートが充実している
  • 初心者にも扱いやすい

それぞれについて解説します。

導入コストが安価である

他のCRMと比べてZoho CRMはコストが安価なため、導入しやすいです。営業DXにも着手しやすく、さまざまな規模の企業が営業効率化を実現するために導入しています。

基本的な機能を利用できる無料プランから利用をスタートし、高度な機能を利用することができる有料プランへ移行することができます。例えば、無料プランでスタートし、Zoho CRMの使い勝手を学習後にプランをランクアップしていくというのも一つの手です。

必要な機能がそろっている

Zoho CRMは多くのCRM機能がそろっていることも魅力の一つです。前述のExcelからのデータインポートのほか、さまざまなメールシステムから顧客とのやり取りの履歴を集約できるため、Zoho CRMを導入前の顧客データを容易に移管できます。

また、初期設定のままでも十分に機能しますが、必要に応じてカスタマイズできるのも魅力です。システム構築やコーディングなどの専門知識がなくても簡単にカスタマイズできるため、初心者にも安心です。

教育資料とサポートが充実している

Zoho CRMは、多くのチュートリアル、ビデオ、ヘルプドキュメントをオンライン上にて提供しています。こうした情報は、Zoho CRMを導入したばかりのユーザーがシステムを理解するのに大いに役立ちます。

加えて、Zoho CRMにはアクティブなユーザーコミュニティがあり、フォーラムやユーザーグループを通じて、質問やベストプラクティスを共有できます。カスタマーサポートも充実しており、安心して使い始めることができます。

初心者にも扱いやすい

Zoho CRMは、直感的に操作できるため、専門知識は不要です。そのため、導入時の教育コストを大幅に削減できます。加えて、顧客情報について、項目ごとに表示の有無をカスタマイズできるなど、自社にとって使いやすいよう設定できるのも特徴的です。

Zoho CRMの利用が向いている企業

Zoho CRMの利用が向いている企業は、次のような企業です。

  • 扱う顧客データがさほど大きくない企業
  • 顧客データを活用できていない企業

それぞれどのような企業なのか、詳しく解説していきます。

顧客データがさほど大きくない企業

Zoho CRMは低コストで操作しやすいため、比較的小規模の企業も導入しやすいCRMだと言えるでしょう。特に、顧客データの数がそう多くなく項目が複雑でない企業は、Zoho CRMを使うことで営業の効率化を実現できるでしょう。

反対に、管理する顧客データが膨大かつ項目が複雑な企業は、Zoho CRMではなく大企業向けのCRMが向いています。Zoho CRMのようなシンプルなCRMは自社に必要な項目を設定できないケースもあるため、自社との相性を見極めることが重要です。

顧客データを活用できていない企業

顧客管理をExcelでしていた企業の場合、Zoho CRMの無料プランを利用してCRMツールを導入するといいでしょう。無料プランといっても、Zoho CRMではさまざまな機能を使うことができ、営業のDX化を実現できます。

反対に、データの管理や分析体制が複雑な企業にZoho CRMは不向きだと言えます。特に、すでに情報システム部門などでデータの管理・分析体制が整っている企業の場合、シンプルでカスタマイズの幅が狭いZoho CRM は合わない可能性があります。

まとめ:Zoho CRMは中小企業やスタートアップに向いたCRM

Zoho CRMは、無料プランでも基本機能を使うことができます。また、シンプルで直感的に操作ができるため、導入時の学習コストを最小限に抑えられます。

そのため、これからCRMを導入したい中小企業やベンチャー企業、成長スピードが速いスタートアップに向いたCRMだと言えます。無料プランから使い始め、ビジネスの成長と共にプランをアップグレードできるのも魅力だと言えるでしょう。

CRMの導入を検討中なら汎用性の高いpipedriveがおすすめ

出典:pipedrive

CRMの導入を検討しているなら、汎用性の高いCRM/SFAである「pipedrive」をおすすめします。pipedriveを使うとセールスプロセスを見える化できるため、ネクストアクションがひと目でわかるのが特徴です。

GoogleやMicrosoftなどのグループウェアと連携でき、連絡先やカレンダーを双方向同期できるため、入力の負荷の軽減や入力漏れを防げます。業務の自動化をノーコードで実装できる点も、多くのユーザーから支持されています。

無料トライアルが可能ですので、ぜひ一度お試しください。

タグ