【2024年最新】CRMソフトの会社規模別おすすめ4選|選定方法も紹介

Pipedrive 2024年1月23日

CRM(Customer Relationship Management)ソフトは、顧客関係の管理と最適化に役立つツールです。現代の市場では顧客のニーズが多様化しており、個々の顧客に合わせたカスタマイズされたサービスや製品が求められています。

CRMはこのような状況において重要な役割を果たします。企業は、CRMを通じて顧客をより深く理解し、市場競争において有利な位置を確立することができるためです。

CRMを選ぶ際のポイントはいくつかありますが、そのうちの1つに、会社の規模感があります。規模が異なると、CRMに対するニーズや利用する機能が大きく異なるからです。

そこでこの記事では、会社の規模に着目したCRMソフトの選択における重要点を解説します。

CRMとは

CRMは、企業が顧客との関係を管理し、最適化するためのソフトウェアツールです。このシステムを活用することで、顧客の基本情報、やり取りの記録、商談履歴など、顧客に関連する幅広い情報を一元管理できます。

CRMは営業プロセスの体系化と効率化をサポートし、顧客のニーズに合わせた対応を可能にし、良好な顧客関係の構築に貢献します。

おすすめCRMソフト4選

この項目では、会社の規模ごとにおすすめのCRMソフトを挙げて紹介します。

【pipedrive】あらゆる規模の企業におすすめ

引用元:pipedrive

pipedriveは、Merが提供するCRM/SFAサービスです。pipedriveは、顧客管理と営業支援に必要な基本機能をすべて備えている汎用的なサービスで、これまで世界中で10万社以上に導入されており、あらゆる規模の企業におすすめです。

pipedriveは多機能ながら操作がシンプルで使いやすく、顧客情報に加え、営業活動に関する情報を一気通貫で管理できます。

加えて、営業の進捗をパイプラインで管理できるため、今の営業ステータスをひと目で把握できます。単純な事務作業を自動化でき、作業のための時間と人為的ミスを大幅に削減できます。

無料トライアルの用意があるので、使い勝手を試してから本格導入できます。

【Zoho CRM】小規模企業やスタートアップにおすすめ

引用元:Zoho CRM

Zoho CRMは、中小企業を対象としたCRM/SFAツールです。Zoho CRMは、商談案件数の増加と受注確率の向上をサポートし、結果的に売上の増加に貢献します。

Zoho CRMでは、見込み顧客の開拓からフォロー、商談、見積もり、受注に至るプロセスから顧客分析まで、顧客関連業務の全範囲を効果的に管理できます。

Zoho CRMは機能性と操作性に優れており、高度な機能を低コストで提供することで、さまざまな規模や業種の企業に広く導入されています。

Zoho CRM

【SanSan】保有名刺が多い中規模企業におすすめ

引用元:SanSan

SanSanは、日本で開発されたCRMソフトです。名刺を中心とした顧客情報の管理に特化している点が、その他のCRMシステムとは異なるユニークな特徴だと言えます。

SanSanの核となる機能は、名刺のスキャンとデータ化です。名刺に記載されている情報をデジタル化し、顧客データベースを構築します。デジタル化した名刺データは社内で共有され、顧客との関係を管理するための基盤となります。従業員間での情報共有が容易になり、効率的な顧客関係の構築をサポートします。このほか、顧客データに基づいた営業支援機能、分析とレポート機能を備えます。

SanSan

【Salesforce Sales Cloud】フル機能で業務効率化したい大企業におすすめ

引用元:Salesforce Sales Cloud

Salesforce Sales Cloudは、世界的に広く使用されているCRMソフトの1つで、特に営業活動の管理と最適化に焦点を当てています。Salesforceは柔軟性が高く、多機能なクラウドベースのCRMソリューションを提供しており、Sales Cloudはその中核を成す製品です。

Sales Cloudは非常に柔軟なプラットフォームであり、企業の特定のニーズに合わせてカスタマイズや拡張が可能です。他のSalesforce製品や多くの第三者アプリケーションとの統合が可能であり、広範なビジネスプロセスをカバーします。

Salesforce Sales Cloudは、中小企業から大企業まで幅広い規模の企業に採用されていますが、高度なカスタマイズ性を拡張性により多様なビジネスニーズに対応できるため、特に大企業におすすめのソフトです。営業活動の効率化、顧客データの一元管理、パフォーマンスの向上といった面で大きな価値を提供します。

Salesforce Sales Cloud

CRMソフト選定時に検討したい4つのポイント

企業の規模はCRMソフト選定の大きなポイントになりますが、他のポイントも加味して選ぶのが自然と言えるでしょう。この項目では、CRMソフト選定時に検討したいポイントを4つ挙げて紹介します。

  • 使いやすさ
  • カスタマイズ性
  • セキュリティ
  • データ移行

使いやすさ

CRMソフトの使いやすさは、導入したCRMソフトを運用していくうえで非常に重要です。CRMソフトは、蓄積した顧客情報を分析することで、各顧客の状況やニーズ、課題を把握できます。そのため、使いやすいCRMソフトを導入し、社内に定着させることが肝心です。

CRMソフトの使用者が負担に感じると、社内に定着しにくく、導入が頓挫してしまう可能性があります。そのため、導入を検討しているCRMがシンプルな機能・分かりやすい操作を備えているか、ユーザーにとって使いやすいかを確認しておきましょう。

カスタマイズ性

企業の業種や規模によって、必要なCRMの機能は異なります。自社にとって理想的なCRMシステムにするには、特定のニーズに応じてタブや項目の追加・編集、関連リストのカスタマイズなど、高い柔軟性が求められます。

さらに、拡張性にも注目する必要があります。企業が成長するにつれて、CRMシステムも柔軟に対応できるかは重要です。例えば、ビジネスが急速に拡大した際には、追加のタブやカスタム項目の設定、外部アプリケーションとの連携を迅速に実施できる機能が必要になります。

セキュリティ

CRMソフトには顧客情報を蓄積します。当然ながらその中には、個人情報も含まれます。CRMソフトに入力・管理する顧客データの漏えいを防ぐには、セキュリティ対策は非常に重要です。

データの暗号化、アクセス権限の管理、多要素認証、定期的なセキュリティ更新とパッチ運用、監査ログの管理など、万全のセキュリティ対策が実施されているCRMソフトを選ぶ必要があります。

データ移行

Excelなどすでに管理している顧客データをCRMソフトに移行する際、手間をかけず、スムーズに進める必要があります。CRMソフトによっては、CSVで簡単に移行できるものもあるため、導入を検討しているCRMがどのような移行プロセスに対応しているのか事前に確認しておくと安心です。

pipedriveでは、スプレッドシートをはじめ、Salesforce、Zoho、またはSugarCRMから瞬時にインポートが可能です。また、pipedriveのサポートでは、その他のブランドやソフトウェアからのデータのインポートをサポートしております。

出典:pipedrive|CRMデータのインポート エクスポート

CRMソフトを比較して自社に合うソフトを導入しよう

CRMツールを選ぶ際に重要なのは、使いやすさ、カスタマイズ性、セキュリティ、データ移行の4点です。自社の規模感を元に数多くあるCRMから候補を絞り、先に述べた4点について検討すると、選定しやすいです。

CRMシステムを導入することで、部署間での顧客情報のリアルタイム共有が可能になります。これにより、顧客からの問い合わせや要望を迅速に確認し、タイムリーな対応が行えるようになります。その結果、機会ロスを防ぎ、より効果的なアプローチが可能です。各顧客に合わせた適切な提案をすることで、顧客満足度の向上にも寄与します。

CRMの導入を検討している場合、興味のある製品について資料を請求し、詳細を理解した上で比較検討することをおすすめします。

汎用性が高いCRMソフト・pipedriveなら無料トライアルが可能

CRM/SFAの導入を検討中であれば、汎用性が高く、世界的にも広く利用されている「Pipedrive」をおすすめします。

Pipedriveは初期費用が無料で、月額料金が1,800円からと手頃な価格設定がされています。また、無料トライアルが提供されているため、実際に使用感を試してからの導入決定が可能です。

Pipedriveは、世界179カ国で10万社以上に導入されており、セールスプロセスの可視化機能が特徴的です。これにより、次に必要なアクションが一目で確認できます。

さらに、GoogleやMicrosoftのグループウェアとの連携が可能で、連絡先やカレンダーの双方向同期によって、入力作業の負担軽減や入力漏れの防止に役立ちます。業務の自動化を、コードを書かずに実装できる点も、多くのユーザーに支持されています。

タグ